メディア作成ツールをダウンロードする

 

windows10

  1. まず「Windows 10のダウンロード」から、メディア作成ツールをダウンロードしましょう。現在、実行中のOSに合わせて、「32ビットバージョン」または「64ビットバージョン」をダウンロードします。ダウンロードしたいWindows 10のバージョンを選ぶのではない点に注意してください。
  2. インストールメディアの作成を開始する
  3. ダウンロードしたメディア作成ツールを起動します。 
    1. 最初に実行する操作の選択画面が表示されるので、[他のPC用にインストールメディアを作る]を選択して[次へ]をクリックします。
    2. 言語やエディションを選択する

      windows10-d

    1. ダウンロードするWindows 10を選択します。3つの項目をそれぞれ選択して[次へ]をクリックしましょう。

      ここで表示される3つの項目は、以下を参考に選択します。 
      • 言語
         [日本語]を選択します。
      • エディション
         Windows 7 HomeやWindows 8.1からのアップグレードの場合は[Windows 10 Home]を、Windows 7 Professional/Ultimate、Windows 8.1 Proからのアップグレードの場合は[Windows 10 Pro]を選択します。
      • アーキテクチャ
         インストール先のパソコンに合わせて[32ビット(x86)]か[64ビット(x64)]、もしくは[両方]を選択します。Windows XP世代の古いパソコンやタブレットの一部など、32ビットに対応しないパソコンは32ビットを選択しますが、多くの場合は64ビットを利用可能です。
    2. メディアを選択する

      windows10-e

      1. ダウンロードしたWindows 10を書き込むメディアを選択します。ここではUSBメモリーを使うので、[USB フラッシュ ドライブ]を選択します。USBメモリーの容量は3GB以上(32ビット/64ビットの両方の場合は6GB以上)が必要です。USBメモリーをパソコンに装着してから、[次へ]をクリックしましょう。
      2. 保存先を選択する
      3. windows10-f

        1. パソコンに装着したUSBメモリーを指定します。この時点で装着した場合は、いったん[戻る]をクリックして前の画面に戻ってから、もう一度、この画面に移動します。 
        2. Windows 10がダウンロードされる

          windows10-g

          1. Windows 10のファイルがダウンロードされます。しばらく待ちましょう。
          2. メディアの作成が完了した

            windows10-h

            Windows 10のインストールに使えるUSBメモリーができあがりました。[完了]をクリックして終了します。