Office 365 Solo とOffice 365 pro plus の価格と購入方法の違い!

 Office 365 Solo とOffice 365 pro plus の価格と購入方法の違い!

Office 365 Solo とOffice 365 pro plus の価格と購入方法の違い!
 
Office 365 の個人むけプランであるOffice 365 Soloと法人向けOffice 365 pro plusの購入方法や価格を比較してみました。
 
今年の後半でOffice 2016が発売されることで、Office 2016を購入するには永続ライセンスを購入するか、あるいはOffice 365を契約するという選択肢があります。
Office 365は常に最新のMicrosoft Officeを提供しているサービスなので、現時点でOffice 365を契約していればOffice 2016がリリースされる際に追加費用無しでアップグレードすることができます。
そのため、個人でOffice 365を購入するにあたり、Office 365 Solo とOffice 365 pro plus のどれを契約するに悩むでしょう。今回両者の購入方法と価格などの違いを紹介します。
まずは両者の機能比較表をご覧ください。
 
Office 365 Solo の購入方法
Office 365 Solo は、年間12,744円で最新版の Office アプリケーションが利用できる Microsoft のサービスです。このサービスを利用すると PC または Mac 2セットと タブレット 2セットにインストールすることができます。
マイクロソフトのhttp://office.microsoft.com/ にアクセスします。無料で一ヶ月試す選択もありますが、1年間の契約なら16%お得になります。そのため、Office 365 Solo は年間契約の方がお得です。
Offile 365 Solo ページの「今すぐ購入」をクリックすると、Microsoftアカウントのサインインページが表示されるので、アカウントをお持ちでない方は画面右下の「新規登録」からアカウントを作成しましょう。アカウントを持っている方は Microsoftアカウントの「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「サインイン」しましょう。サインインすると「お支払い方法の選択」が表示されます。「クレジットカード」あるいは「PayPal」をクリックします。最後に「購入」をクリックします。
Offile 365 Soloはマイクロソフトアカウントから管理できます。マイクロソフトアカウントからOffile 365 Soloダウンロードしてインストールできます。Skype無料通話、OneDriveなどもマイアカウントから管理します。
 
Office 365 pro plusの購入方法
http://www.key7jp.com/microsoft-office365-proplus-9-58.html
特別価格: ¥ 15,590
Office 365 ProPlus(2016/2013) 日本語ダウンロード版 5PC Mac Win 対応 マイクロソフト 教育永久版
Office 365 pro plusは、法人向けとして提供されていますが、個人でも使えます。家庭向けとされているOffice 365 Soloよりもインストール可能なPC台数が多く、しかも料金も少し安いのでOffice 365 pro plusのサブスクリプション契約をする方が結構います。
上記の比較表では、Office 365 pro plusで使えるOneDirveがビジネス用1TBまでと書かれています。その原因は、Offile 365 SoloとOffice 365 pro plusの管理するマイクロソフトアカウントが違います。